引き出物で人気のカタログギフト【全てのゲストから喜ばれる】

金額と内容に注意

カップル

気を付けることとは

結婚祝いをいただいたら、一ヶ月以内を目安にお返しをするのがマナーです。結婚祝いのお返しは結婚内祝と呼ばれることもあります。この使い方は本来の意味とは少し異なっているのですが、通例として使われています。結婚祝いのお返しを用意するときは、金額と内容に注意が必要です。金額としては、いただいた結婚祝いの半額から三分の一程度が適当とされています。あまりに多い金額で用意すると逆に失礼にあたるので多すぎないようにしなければなりません。かなり高額のものをいただいた場合は三分の一程度でも問題ありません。お返しの内容としては、消耗品がよいとされています。結婚祝いのお返しをもらう機会は何度もあるため、重なっても負担の少ない消耗品がよいのです。食品や飲みもの、洗剤、タオルなどが人気です。またお返しとしてカタログギフトを贈る人も増えています。現金やギフト券といった金券類は、結婚祝いとしては適当ですが、お返しとしては不適当なので避けましょう。また贈る側に喜んでもらえる内容を選ぶのも大切です。子供が多い家庭ならば子供が喜ぶものを選ぶのもよいでしょう。年配の人に贈る場合はカタログギフトを避けた方がよいこともあります。カタログギフトは選ぶ手間と注文する手間が面倒と感じる人も多いためです。ただ人それぞれ考え方は異なるので、その人に合わせて選び分けるのが大切です。直接聞くのはあまり一般的ではないので、それとなくリサーチしておくとよいでしょう。

Copyright© 2018 引き出物で人気のカタログギフト【全てのゲストから喜ばれる】 All Rights Reserved.